自動車の解体新書

あなたは自動車を運転されますか。または質問を変えて車が動く仕組み、つまり構造を理解されていますか、さらには故障した際にその原因を突き止め、説明できますか、簡易な故障であれば自分で修理できますか。いろいろと質問しましたが、現在では車は一家に一台がもはや当たり前の時代であり、それに伴い、簡単に運転できる上に、車のコンビニと呼ばれる修理工場も沢山作られ、車の仕組み、メカニズムを理解していなくても困らない世の中になっています。そのため、極端に言えば、オーバーヒートやパンクなどにも対応できない男性も増えているとのことです。何も整備免許を取れるほどの知識を持てとは言いませんが、パンクやオーバーヒートの対応、雪道のチェーン取付けくらいは最低限出来るようになっておきたいです。ここに車の解体新書と言われるものがあり、車の仕組み、エンジンが動き出すメカニズムとどのようにして動力が伝わり、車が動くことが出来るのか、が書かれた本があります。これらを理解することは単位車のメカニズムに詳しくなるだけではなく、燃費に対する考え方や故障時の対応、普段からの車へのメンテナンスを行うことが出来るようになり非常に有意義だと思います。