動力伝達系の役割

皆さんは自動車を運転されますか、また運転される方は自動車の動力についてその仕組みを説明できますか。この問いかけに対してはっきりと回答出来る方は意外に少ないものです。今では一家に一台、自動車を持つことが当たり前になっておりますし、それに自動車の機能も向上、さらに女性やお年寄りでも比較的簡単に操作することが出来るようになったからです。エンジンの仕組みからそれらが動力となるまでには様々な機関の複雑な動きにより成り立っています。まずエンジンですが、現在の自動車ではトラックが軽油を燃料とし、ディーゼルエンジンを使用します。そして一般の乗用車はガソリンを燃料としてエンジンを起動させます。そこまでは気化した燃焼システムを使うか、点火型にするかの問題ですが、ともに動力伝達系の仕組み、役割はほぼ同じです。それぞれ燃焼によって引き起こされた高速ピストン運動がシャフトに移り回転、その動きがタイヤの回転へと繋がり車が動くのです。動力の大小はアクセルの踏み込みによりエンジンの高速ピストン運動を高め、それに比例してシャフトが回転、タイヤへの動力運動が伝わります。これらの仕組みを知ることは高燃費を意識したり、故障時のトラブルにも役立ちます。

コメントを受け付けておりません。