エンジンヘッドの役割

エンジンヘッドと呼ばれる部分は、エンジン本体の上部分で、エンジンのブロックと呼ばれる部分の上に載せてある為にヘッドと呼ばれています。
普通自動車のボンネットを開くとスパークプラグのコードが見えたり、あるいは車両メーカーのロゴが書かれている大きな樹脂製のカバーが見えたりする部分です。
構成部品はカムシャフト、吸気バルブ、排気バルブなどです。
エンジンの内部では燃料と空気を混合した混合気を爆発させ、その爆発した時の力を運動エネルギーに変換しています。
運動エネルギーを得るためには、ピストンの位置や移動方向に合わせて正確なタイミングで燃料と酸素を混合した混合気を吸い込ませ、点火し、燃焼した排気ガスを排出させる必要があります。
この一連の動作と制御を行う役割を担っている部品がヘッドに集中しています。
混合気を吸い込むタイミング、点火をするタイミング、排気ガスを排出するタイミングは、カムシャフトと呼ばれる部品で吸気バルブ・排気バルブの開け閉めを行い、このカムシャフトの形状によっては、低回転からトルクが大きなエンジンや、高回転で高出力なレース用エンジンなど、エンジンの特性を変えることができます。
カムシャフトはエンジンのクランクと呼ばれる回転軸からベルトやチェーンで駆動され、このクランクの角度によってバルブの開け閉めするタイミングを決めています。

コメントを受け付けておりません。