エンジンの解体新書

自動車と言う乗り物には、それが電気自動車でなければ、必ずエンジンが搭載されています。これは、自動車の中でも最も複雑な構造を持つ構成品ですので、その解体新書でご説明します。
まず、この構成品は、主要部である本体と、その本体を問題なく作動させるための補機類に分けることができます。補機類には、オイルポンプ等からなり、本体内部にあるピストンなどの動きを滑らかにさせる潤滑装置や、ラジエター等からなり、本体を冷却すする役割がある冷却装置、それに、空気とガソリンとを混合して本体のシリンダーに送り込む燃料装置、空気を取り入れたり、燃焼ガスを排出するための、インテークやマフラーなどからなる吸排気装置、そしてバッテリなどからなる電気装置があります。どれ一つ欠けても本体は作動しません。
吸排気装置が取り込んだ空気に、燃料装置がガソリンを霧状にして混合させ、それを本体に送り込みます。混合気体をシリンダーに取り込んだ本体は、ピストンによって混合気体を圧縮し、圧力と温度を上げたところで、スパークプラグにより電気スパークを発生させて、点火します。すると、混合気体は爆発的に燃焼し、急激にその圧力を上げるので、ピストンを押し下げ、その力でクランクシャフトを回し、回転力としてドライブシャフトに伝達され、最終的にタイヤに力が伝達されて、自動車は動くことができるのです。
実際には、本体にはシリンダーは一つではなく、複数個あります。例えば4気筒ならば4個です。シリンダーが多ければ出力も上がります。高級スポーツカーになると、12気筒のものもあり、非常に大きな出力を発揮することができるようになっています。

コメントを受け付けておりません。