潤滑装置の役割

エンジンは、様々な役割を担う装置を組み合わせ、それぞれが調和して動いています。これにより自動車を動かす強力なエネルギーを産み出しているのです。しかし、エネルギーを効率良く産み出すには、機械がスムーズに動かなければいけません。その為に必要なのがエンジンオイルであり、このオイルをエンジン各所に送り込む装置が「潤滑装置」です。

この装置の一部であるオイルパン(フライパンに形が似ている事からそう言われます)の中にエンジンオイルがあります。オイルは使われる前にオイルストレーナという網のような濾過器を通って、大まかに異物が取り除かれます。次にオイルフィルターを通って細かい異物までしっかりと除去されるのです。こうして2段階を経て綺麗になったオイルは、オイルギャラリという通路を通っていき、オイルを必要とするクランクやバルブへと届けられます。

クランクやバルブで潤滑の役目を終えたオイルは、またオイルパンに戻ります。そして、またオイルストレーナから始まり、潤滑の役目を始めるのです。この流れを産み出すのが、この装置の役割になります。

エンジンと言えば燃料、というように、ガソリンの良し悪しで性能が決まるというイメージがあります。確かに、ガソリンの品質はエンジンの性能に大きな影響を与えるものです。しかし、どんなに良いガソリンを使っていてもエンジンがスムーズに動かなければパワーを活かすことができません。この装置があることで初めて、エンジンは本来の力を最大限に発揮することができます。

コメントを受け付けておりません。