吸排気装置の役割

エンジンにはいろいろな装置がありますが、特に重要な役割を担っているのが吸排気装置です。
そもそもエンジンは2サイクルや4サイクルといった機能の違いはありますが空気を吸って排気するということで動作しているのです。
具体的にはエンジンのシリンダー内部にピストンがあってそれが上下運動をすることでクランクシャフトを回転させています。
その際力を生み出すために強い力でピストンが空気とガソリンを圧縮して爆発させてパワーを生み出し回転し続けるようになっています。
その空気を吸って、排気するということを効率的に行わなければなかなか良い性能を得ることは難しいのです。
また空気はキレイに吸って、排気ガスもできるだけキレイな状態で排気するように仕組まれています。
吸気はキャブレターというものがエンジンについており、その開閉量によって空気とガソリンの量を調節しエンジンの回転をコントロールしています。
排気装置はいわゆるマフラーというものです。今の車はほとんどフロントにエンジンがあり排気はリアからということでシャシ下側をエンジンからリアまでパイプが通っていて、消音装置がついていますエンジンの爆発音を消音して排気する仕組みになっています。

コメントを受け付けておりません。