燃料装置の役割

皆さんは普段、自動車に乗られますか。ほとんどの人が免許を持っており、そして多くの人が自動車に乗る時代になったと思います。しかしながら、数多いドライバーの中でもエンジンの仕組み、つまりはエンジンと燃料装置との関係、役割について説明できるか、と問われれば出来ない人の方が多いのではないでしょうか。教習所では必ず習っているこの知識も自動車関係のお仕事につかない限り、また自動車を扱うことが趣味でない方たちにとってはあまりなじみがないものでしょう。ではまず、エンジンについて説明すると、エンジンには大きくディーゼルエンジンとガソリンエンジンとに分かれます。そして機能や役割もそれぞれ異なります。ディーゼルエンジンは室内の空気を圧縮し、高温になったところで燃料を噴出し発火させる仕組みで、ガソリンエンジンは燃焼室内に混合気体を入れてガソリンと空気が混ざった状態で燃料を吸い込み、プラグに点火、スパークさせて引火させるという仕組みです。つまり、それぞれのエンジンの特徴は火種をどういう形で点火するかに分かれます。ディーゼルエンジンが燃料を経由にしている理由はガソリンよりも発火温度が低く利用しやすい形態だからです。

コメントを受け付けておりません。